苺のお酒



    去年から春に苺のお酒を造っています
    長く漬けて置くとお酒が濁ってくるとかで
    大体3週間から1ヶ月経つと苺を引き上げます。


    お酒がきれいな色になっているので
    当然苺は色が抜けてしかもお酒がぷんぷん
    昨年は廃棄しました
                          016_2014062523255477a.jpg
    生の苺と比べるとこんな感じ

    ところがジャムにすると赤くなるらしいとの情報を
    どこからかキャッチ
    今年は廃棄せずにジャムにすることにしました
    取り敢えず半分を煮ているうちに
    不思議不思議 段々赤くなってきて
    ちゃんとジャムになりました
                           014_20140625232610aa4.jpg
    ただちょっと煮つめ過ぎたような色になったので
    残りの半分はその半量程の生の苺を足して煮たら
                           026_20140625232724cce.jpg
    全部生の苺で作ったのと同じジャムが出来ました
                             029_201406252327391c9.jpg
    そして こちらがやっと飲み頃になってきた  
    苺のお酒                     001_201406252329203bb.jpg

    朝にはヨーグルトと一緒にジャムを
    夜には夕食時に香りを楽しみながらお酒を
    頂いてます

    生の苺がないこの時期
    まだ暫く楽しめそうです
    

                    


line

イチジクの甘露煮





    土地が変わると同じ食べ物でも
    頂き方が変わることがあります。

    仙台に来た頃
    生のいちじくをあまり見かけませんでした

    その代わりにまだ青い小ぶりのいちじくが
    袋に沢山入って売っています

    そしてお友達のお宅で出てきたのが
    甘く煮たいちじくでした
    甘いのでお茶請けにつまむようです。
                     026_201312072245251b6.jpg


    ま、イチジクのワイン煮やコンポート
    もあるので不思議でもないのですが、、

    そこで今回私が作った訳は、、
    去年植えたいちじくに実が結構なったのですが
    なかなか大きくならないうちに
    寒くなってしまい 小さいまま収穫しました

    その中で大きめのを生食したら
    甘くもなくもそもそしていたので
    煮ることにしました
    かなり沢山の砂糖を入れた積りでしたが
    さっぱり目の甘煮になりました
    渋いお煎茶と頂くと美味しい
    
    木が生長して来年には生食出来る位の
    いちじくができるといいな
    

    

    
    

    
line

栗!くり!クリ!





    去年 栗の渋皮煮をアップしましたが
    今年は早めに注文したので
    美味しい栗が手に入りました

    先ずは渋皮煮を作り、
    栗のペーストを作りました

    でも今年は甘露煮も作ってみました。
    お菓子用に渋皮煮やペーストを
    作るのに、お正月のきんとんの栗は
    買っていたので

    1回目は煮始めてから
    くちなしの実が無くなっていたことに気付き
    慌てて買いに行きましたが
    残念ながら 薄茶色になってしまって
    なので もう一度挑戦
                      010_20131018222534575.jpg
    どうにか 黄色い栗の甘露煮が
    出来ました

    色の悪い方もお菓子に使えるので
    お菓子を沢山作りましょう

    



    
line

しその実漬け





    夏の間 ちょっと取ってきては
    色味に使ったり、刻んでサラダやお寿司に
    入れたりと大活躍の紫蘇の葉

    涼しくなって来ると 葉は硬くなって
    穂紫蘇が出てきて、その後実になります。

    そこでその実を塩漬けにします。
                   001_2013101300425035c.jpg
    良く洗った紫蘇の実はペーパータオルで
    よく水気をきります。
                   002_201310130043087b7.jpg
    軸から実を取ります。
    1つ1つ取るのは大変なので
    軸の上から下にしごくようにすると
    ぽろぽろと取れます。  
                   003_20131013004319544.jpg
    きれいに洗った瓶に実を入れ、
    適当に塩を入れて
    蓋をして上下にゆすると
                   005_20131013004330cfe.jpg
    出来上がり
                   009_201310130045016c9.jpg
    これで握った小さめのおむすびは
    おかずでお腹がいっぱいになった時や
    小腹の空いた時などにぴったり

    冷蔵庫に入れて置くと安心な1瓶です

    
    
line

山椒味噌



    たけのこに付き物の山椒の葉ですが、
    仙台では少し遅く、たけのこが店頭から
    姿を消した頃枝いっぱいにつきます。

    何とも言えないあの香りが好きで、
    毎年 山椒味噌を作ります
                 002_20130507003409.jpg
    取ってきた山椒の葉を洗って
    ペーパータオルで水気を取り、
    1枚1枚軸を取ります。
    この作業が結構大変ですが軸があると
    ごそごそするような気がして
    頑張って取ります。
                 003_20130507003419.jpg
    後はカッターにかけて、
    みりんとお砂糖を入れて練ったお味噌と
    混ぜればもう出来上がり
                 005_20130507005336.jpg
    ご飯は勿論、お豆腐、お魚、お野菜と
    何に付けてもオーケー
    特に白いお豆腐や風呂吹き大根には
    見た目も良くてお勧めです
    春の味覚を暫く楽しめます。                 
line
line

FC2Ad

まとめ

line
プロフィール

シュウクリン

Author:シュウクリン
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
現在の訪問者数
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line