りんごの量感画

    先日、子育て支援クラブの企画で
    ’アートに挑戦’というプログラムを
    しました


    前に勉強した臨床美術のプログラムで
    右脳を使って作品を制作します。
    今回 行ったのは’りんごの量感画’

    普通りんごの絵を描く場合
    出来るだけ本物に似たように描きます。
    その場合は左脳を使って描いています。

    しかし臨床美術の場合 
    りんごを触って、重さや張りを感じ、
    食べて甘味や酸味を感じ
    五感を使ってりんごを感じながら
    まず中身の色からオイルパステルを使って
    描き始めます

    そこに甘味の色や酸味の色を重ねていき
    美味しそうな中身が描けたら
    表面の色を乗せていきます。

    明るく見える所、暗い所
    光っている所、、、
    きちんと観察してパステルを乗せ
    時には引っかいたりこすったりしながら
    自分なりのりんごを描きます。

    後はりんごを輪郭でカットして
    好きな形に切った色画用紙と構成して
    台紙にのりで貼り、サインを入れて完成
                      
                          004_20140307123908919.jpg
    
    今回は乳幼児のママ達へのプログラムでしたが
    ほんのひと時でも自分の時間が持てたと
    喜んで下さり、皆さん素敵な作品を作って下さいました
                      
                       005_20140307123504a94.jpg
   
    認知症の予防、症状改善を目的に
    始まった臨床美術ですが、
    幼児の感性を育む教育としても
    有効です
    
    今まで美術が苦手だと思っていた方々が
    充実した楽しい時間を過ごせるのが何よりです

    私も暫くお休みしていましたが
    久しぶりにプログラムを受けてみようかな
    もっと右脳を使わなくちゃね
    
    
    
            
 
    
    
        


    

    
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

まとめ

line
プロフィール

シュウクリン

Author:シュウクリン
FC2ブログへようこそ!

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
現在の訪問者数
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line